「怒らない子育て」と住まい

ここ数年「怒らない子育て」をテーマにした本がいくつか出版され、たくさんのママ達に手に取られています。

怒りたくなくても、怒らざるを得ない状況になってしまう・・・、怒りの気持ちが抑えきれなくなってしまう・・・

そんな風に悩むママが多いからこそ「怒らない子育て」が注目されているのだと思います。

怒らない方法として、よく気持ちのコントロール法が紹介されていますが、なかなか実践するのも大変なもの。

そこで、今日は「怒らなくてすむ環境をつくる」という話をしたいと思います。

ごちゃごちゃOKの場所をつくる

家にいる時、怒ってしまう原因の一つが「お片付け」。

おもちゃで散らかった状態の部屋を見て、ため息を付いているママも多いですよね。

これが、もし「片付けなくてよい場所」を作ってみたらどうなるでしょうか。

居住スペースからある程度仕切られていて、丸見えにならない場所に、遊べるスペースを作り、多少ごちゃごちゃしてもOKということにしてしまえば、「片付けなさい!」と怒る機会も減りそうです。

一時的な片付けバスケットを置き、忙しい平日はとりあえずそこに入れて、休日に整理する時間をとってもよいかもしれません。

落書きが消える壁で心に余裕

また、小さい子どもがいるママの頭を悩ませるのが、落書きです。

やっていいことと悪いことの区別が曖昧な時期に、クレヨンなどで壁に落書きをしてしまうのは、子育てママなら経験がある方が多いですよね。

注意してもまた繰り返してしまい、その度にゴシゴシ消さなくてはいけないので、ストレスに感じてしまうことも。

そこで、壁紙が、簡単に落書きを消せるものだったらどうでしょうか。

そこまで神経質になる必要がなくなり、心に余裕が生まれそうです。

触っちゃダメなものは、手の届かないところへ

さらに、この時期は、とりあえず目の前にあるものを触って散らかしてしまうことが多いものですが、中には、子どもに触ってほしくないものもありますよね。

落書きされたら困る書類や、カメラなどの機器類、ガラスなどの触ると危ないものは、「さわっちゃダメ!」といちいち注意するのも大変です。

そこで、子どもの手の届かない場所に棚があれば、触ってほしくないものを集約して置いておけます。

このように、怒ったり注意しなくてもよい環境であれば、ニコニコと子どもを見守れることが多くなりそうです。

「怒らない子育て」は、ママだけが頑張らなくてOK!
怒らなくてすむ環境であれば、笑顔で子育て期を過ごせますよ。