思いやりベンチが、親子の暮らしに優しい理由

ホームプランナーたちの かなです。

子供と出かけるときや帰ってきたとき、靴の着脱などの子供の世話に
ストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。
子供とのお出かけは大荷物になりがちです。荷物が多いと、玄関は更に窮屈で身支度しづらい空間に。
また、子供が多いとその分玄関でする世話も多くなり、玄関は大渋滞
そんなストレスを解消する『思いやりベンチ』をご紹介します。

身支度を手伝うママ(パパ)に優しい!

段差がほとんどない玄関に子供を座らせて、大人が腰を屈めて靴を履かせるのは大変です。
ベンチが有れば無理なく、靴の着脱を手伝うことが出来ます
また、玄関では上着や雨具を着せたり脱がせたり、
お出かけグッズの出し入れなど、することがたくさん。
ベンチに座らせて待たせたり、身支度をしたりすることができます。

自分で靴を履きたい子供に優しい!

保育園や幼稚園では着脱用のベンチが設置されていたり、玄関と廊下に程良い段差があったりします。
段差があると自分の体重で足を靴の奥まで滑らせる事が出来自分で靴を履くことが出来るからです。
ベンチの様な段差で履くと、靴の向きと足の向きが合うのでとても履きやすくなります。
自分で出来ると子供も嬉しく、大人も褒めてあげることが出来ますね。

立ちっぱなしはしんどい大人に優しい!

ベンチは、玄関だけではなく脱衣所やキッチンの脇などにもあると便利です。
子供の髪を乾かしたり着替えさせたりのお世話をするときや、大人の入浴後のボディケアなどの
リラックスタイムにも少し腰を掛けられる場所があれば快適です
また、例えばキッチンのそばに腰かけられるスペースが少し有れば煮立つのを待っている間や
レシピ本やスマホを見ながら料理をする際にとても楽です。

※洗面所のベンチ、設置例

その他にもベンチは、様々な用途で活躍します。
例えば、玄関の荷物置きに、脱衣所では浴室で乾かした洗濯物を畳むスペースに、
キッチンでは買い物から帰ってきて一時的に荷物を置くスペースに。
ここにあったら良いなと思う場所に、置き家具のスツールや椅子を置いてみるのも良いと思います。

家事・育児をしていると気が付けば何時間も立ちっぱなし!ということは良くあること。
少し座りたい!!と思ったときにすぐそばに有り、ホッと一息つくことが出来る『思いやりベンチ』。
生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。