家事効率UP!日々にゆとりが生まれる間取りアイデア(おもちゃ編)

ホームプランナーたちの かなです。

やっと子ども達の寝かしつけも終わり、今から自分時間!

と思いきや、リビングに戻ると散らかったおもちゃ、、気を抜くと踏んずけてしまい痛い思いをすることも。今すぐにでもソファに横たわりたいのを我慢しておもちゃの片づけにとりかかる。そんな日々とはおさらばしましょう!

おもちゃの片づけというタスクを少しでも減らせるアイデアをご紹介します。

散らかす場所は一ヵ所に

キッズベースと言える場所を作り、収納も子供の手の届く範囲に作りましょう。

すぐそこに収納があると片づけの負担は減ります。大きな部屋を用意する必要はありません。

家具で仕切ったり、ラグを敷いたりして子供の物をまとめて置きます。こどもの世界観を大事にすることが出来、ここは自分たちの場所だという認識も生まれます。

片づけさせられるという意識ではなく、自分たちの場所を奇麗にするというという主体性が大切です。

また、大人もそこは散らかしてOKと言っておくことで散らかっていても気が楽です。

ママ(パパ)が見えるところで遊びたい!

子供が小さい頃は、「見て見てー!」と作った物や見つけた物、出来た事を見せにやってきます。

その姿はとても可愛いのですが、自分の部屋からおもちゃがせっせと運び出されてしまいます。

キッチンから見守れる位置に、キッズベースがあるとコミュニケーションを取りながら遊ばせることが出来ます。

おもちゃを部屋をまたいで片づけに行く手間も省けて、親子にとって楽しいプレイタイムになります。

おもちゃの収納は正面ではなく部屋のサイドに

カラフルなおもちゃは部屋の正面ではなく、パッと目に入らない部屋のサイドに収納するのも一つの手です。

多少ごちゃごちゃしていても気にならず、来客時にも安心です。

また、収納するカゴやバスケット等の色や素材を統一すればカゴごと収納から出ていても可愛いインテリアになります。

疲れているときに散らかっている光景が目に入ると余計に疲れたりイライラが増長してしまったりすることもありますよね。

色や配置の工夫で大人もこどもも安らげる空間になります。

どんどん増えるおもちゃに悩まされている方も多いかもしれません。

例えば、遊んで欲しいおもちゃをリビング近くのキッズベースに出し、飽きてしまっているおもちゃを一旦別の部屋に引き上げるのも良いかと思います。引き上げたおもちゃもしばらくしてから出してあげると、また目新しくなり遊んでくれるようになります。

おもちゃと良い関係を築ける間取りで親子にとって安らげる空間になりますように。