在宅ワークを快適に!ちょこっとデスクスペースアイデア

ホームプランナーたちの かなです。

在宅ワークが働き方のスタンダードになりつつあります。

どれくらいの人が快適な在宅ワークができているでしょうか。

在宅ワークは、感染リスクの軽減や通勤時間削減などメリットがある一方で、子育て中のママやパパが自宅で仕事をするとき、たくさんの不便を抱えています。

まずは、「場所が無い」ことがあげられます。特に都市部では、限られたスペースのなかで、仕事が出来る場所を確保しなければなりません。

子供がいても邪魔されず、集中できる場所が必要ですが、その様な場所が用意されている住まいは大変少ないと言えます。生活に合わせて、住まいを変えていくことが必要です。

リフォームや模様替えで、快適なワークスペースが確保できるアイデアをご紹介します。

リビングダイニングにファミリーデスクスペース

リビングダイニングは子供を見守りながら仕事をするのに最適な場所ですが、ダイニングテーブルで仕事をすると食事の度に片づける必要があり面倒。

対面できるので子供に集中を阻害されやすいのもデメリットです。

その場合、壁面に沿ったデスクスペースがあると便利です。

ダイニングとリビングの家具で、スペースが無い場合は、食事ができるダイニングソファーを導入して、空間を確保。

2人以上が横に並んで作業できる場所なら、子供もそこで宿題やお絵かきをすることができ、ママやパパが仕事をしていても「一緒にやっている」ととらえることが出来ます。

「待たされている」という感覚になると、「早く終わって!」「まだー?」「一緒に遊ぼうよ~」と言いたくなりますよね。

家族みんなにとって「ここは仕事や勉強をするスペース」と認識できる場所があれば、集中を中断することなく、それぞれの作業に打ち込めます。

キッチンカウンターをデスクスペースに

キッチンにカウンター席がある場合は、カウンターをデスクスペースとして使うことができます。

横に並んで作業が出来、コンセントもあらかじめ設置されている場合が多く、コンパクトな場所ですがパソコン作業も集中して出来ます。

写真は壁面を有孔ボードにしており、文房具などをおしゃれに収納できます。

また扉付きの収納を設けているので、ノートパソコンなど仕事に必要なものさっと片付けられます。
席を離している間に子供がパソコンを触っていた!というリスクを無くす為にも、デスクスペースを考える際には一緒に収納を考えることも大切です。

自分だけのデスクで集中力アップ

写真はキッチンにデスクスペースを設けています。本来であれば、キッチン背面収納を置く場所ですが、ちょこっとスペースを確保するだけで、個室の様な集中できる場所になります。

限られた空間の中でも、家具で間仕切ったり、クローゼットの一部分をデスクスペースにしたり、戸建てであれば、階段の踊り場を活用することもできます。

デスクはここになければならない!という固定概念を捨てて、住まいの空間を工夫して活用しましょう。

子供がいるなかで仕事をすることは本当に大変です。

しかし、仕事をする姿を子供に見せることはと大切なことだと思います。

空間の使い方の工夫で、快適な在宅ワークができる住まいになれば、在宅ワーク中の親子のイライラも軽減されるはずです。

在宅ワークの日も、充実した親子の時間をおくれますように。