ディスプレイスペースがあるだけで。暮らしを楽しむ住まい

ホームプランナーたちの かなです。

季節感のある小物をインテリアに取り入れて、日々の暮らしを楽しみましょう。

その時期らしいインテリアをみると子供も大人もワクワクしますよね。

家具を置かなくても広いスぺースが無くても、空間を活用してインテリアを楽しめるアイディアをご紹介します。

壁面にディスプレイスペースを

壁面を活用すれば、家中のどこでも好きなインテリアを楽しむことが出来ます。写真はピクチャーレールを活用して、星型のオーナメントを吊るしています。

最近は場所を取らずオフシーズンの収納にも困らない、ファブリックポスターのクリスマスツリーも登場しています。

ポスターにオーナメントやライトもつけられるので、おしゃれで楽しい壁面になりますね。

窓辺にディスプレイスペースを

小さなスペース程、小物が額縁に入った絵の様に映えます。

窓辺に植物を置いたり、季節の物を置いて楽しみましょう。

外からも見える位置なので、シルエットや外壁との相性も考えながら置いてみるとワンランク上の窓周りになります。

また、寒いこの季節は、窓周りは冷えやすいです。キャンドルやライトで、温かさを演出するのも素敵です。

お気に入りを飾れるニッチがかわいい

ニッチとは「隙間」という意味の、壁の窪みのことです。

玄関や廊下、階段の踊り場にニッチがあれば、空間を有効に活用することが出来ます。

お気に入りや季節の物、子供の作品なども目線の高さに飾れて、視覚的にもすっきり見えるニッチならおしゃれでかわいいディスプレイスペースになります。

また、奥行きを出すことで空間を広く見せる効果も有ります。

季節の物やお国入りの物が飾れるスペースがちょこっとあるだけで、空間が豊かに、そして心が穏やかになるものです。

季節を感じながら、おうち時間を楽しみましょう。