cotosumuをつくっているのは、住まいのプロでもあり、現役子育て中でもあるママです。毎日の子育て生活を通して「こうだったらいいのに!」と思うアイディアを取り入れています。

cotosumu 住まいのアイディア

1.家事の負担を軽くする

料理、洗濯、掃除といった家事にかける時間や手間を減らせば、その分子どもと関わる時間を増やすことができます。自分のリラックス時間もつくれたら、気持ちにも余裕が持てそうです。

2.”子どもを褒める”を増やす

たくさん褒めてあげたいと思っていても、そうはいかないのが子育てです。叱らなくてもよい環境をつくるアイディアや、子どもの自立を促すアイディアで、「すごいね!」の機会を増やします。

3.勉強好きな子が育つ

家事をしながらでも、勉強を見守ってあげられるリビング学習。親子のコミュニケーションが増える、集中力を養うことができる、生活にメリハリがつく、といったメリットがあります。

4.安心・安全な環境をつくる

子育てする上で、一番に守ってあげたいのが、子どもの安全です。家庭内での事故をできるだけ防ぎ、安心して子育てできる住まいを目指します。

5.子どもとの暮らしをもっと楽しむ

大変なことも多い子育てだけど、せっかくなら目いっぱい楽しみたい!そんな想いを叶えるアイディアを集めました。

cotosumuをプロデュースしています

Home Planner / たちの かなさん

銀行勤務の後、出産を機にインテリアコーディネーターへ転身。住宅から、民泊物件や公共施設の内装企画等、幅広い分野を手掛けている。   5歳、3歳、0歳の3児の母。自身の自宅もライフステージに合わせてリノベーションを行っている。