あると嬉しい工夫がたくさん!親子の笑顔が増える住まい


コスモ日吉

公園に隣接し、大型商業施設も近く、子育てに便利な立地に、新たなcotosumu物件が誕生しました。子育て期が終わった後も、長くお住まいになることを考え、見た目にはさりげなく、実力派のアイディアを詰め込んでいます。

細かいところに配慮したキッチン


キッチンパネルを延長

コンロの近くは、調理中の油ハネなどで、汚れやすい場所。壁紙に汚れが付いてしまうと、落ちにくく、お掃除の手間がかかります。そこで、キッチンパネルを延長。汚れをサッと拭きとれるので、お手入れがラクです。

ベビーゲートを取り付けられる

小さい子どもがいる家庭では、安全のためのマストアイテムとも言えるベビーゲート。キッチン入り口の左右の壁は、ベビーゲートの設置を想定してつくっています。

片付け簡単!オープン型クローゼット

cotosumuでは、定番の仕様になってきた「オープン型クローゼット」。あえて扉を無くし、子どもが自分で片付けやすいようにしました。ハンガーパイプは、子どもの成長によって高さを変えられるようになっています。自分の衣類を自分で管理する習慣が身に付きます。

アクセントクロスで、セルフフォトを楽しもう!

今、ママの間で流行しているのが、お誕生日などの記念日に、自宅の中でデコレーションして撮影する「セルフフォト」。飾りつけ用の可愛いグッズもたくさん販売されていますし、身近にあるものを利用して、写真映えする空間をつくっているママも。

アクセントクロスを背景にして撮影すれば、セルフフォトがよりおしゃれに。子どもの可愛い姿を写真に残すのが、もっと楽しくなりそうです。

私も、子ども達の誕生日には、リビングに飾りつけをしてアニバーサリーフォトを撮影しています!
写真スタジオとは違い、子どもの機嫌が悪ければ、また後で撮ったりなど、子どものタイミングに合わせて撮れるのもメリットだと思います。
SNSなどを参考にしながら、どんなデコレーションにしようか考えるのも楽しい時間です。子ども達も、とても喜んでくれますよ!
ママだからこそ撮れる、子ども達の自然な表情を楽しみたいですね!

たちの かな
ホームプランナー

たちのさんのセルフフォト。リーフ柄のアクセントクロスを背景に、可愛くデコレーション。

<物件概要>

物件名 コスモ日吉

所在地 神奈川県横浜市港北区

築年数 1986年

所在階 5階

面 積 60.67㎡