収納効率にこだわり!スルー型クローゼット付マンション


パークテラス横浜ベイ

住まい選びで重視するもの一つが「収納」。しかし、特にマンションの場合は、限られた面積の中で、収納を広くすると、居住スペースが狭くなってしまいます。そこで、収納の広さではなく、「効率」に注目し、快適な居住空間を確保しつつ、収納力にもこだわったリノベマンションをつくりました。もちろん、収納の他にも、ママ目線のアイディアを随所に詰め込んでいます。

背板がない!スルー型クローゼット


リビング隣の子供部屋と、主寝室の間にあるクローゼットは、一見すると普通のクローゼットですが、実は「背板」がありません。

手前側と奥側の可動棚の高さを合わせれば、奥行きの深い収納スペースがつくれるので、布団などもラクラク収納できます。

クローゼット内の通気ができるのもメリットです。

子供部屋から見ると・・・


子どもが使うグッズや衣類を全て「定位置化」することで、散らからない子供部屋が実現。

毎日使うランドセル、手提げバッグなどは、一箇所にまとめておきます。

キャスター付きのケースを使えば、手前と奥の入れ替えっも簡単なので、衣替えの時も便利。

おもちゃや、細かい文具は、使う時にワゴンごと取り出し、使わない時はクローゼットにしまうようにすれば、部屋がスッキリ。

主寝室から見ると・・・


主寝室側のクローゼットは、ママゾーン・パパゾーンに分け、人別に収納場所を区別します。さらに、衣類は種類別に定位置をつくることで、見た目も分かりやすく、忙しい朝でも洋服が選びやすくなります。

ルームウェアなどを一時的にしまう「とりあえずBOX」をママ用・パパ用とそれぞれに配置しておけば、部屋もスッキリ。

床置きするケース類は、キャスター付きのものを使えば、出し入れもラクに。

バッグは立てて収納すれば、見た目も美しく、型崩れも防ぎます。

デッドスペースもフル活用

クローゼット内にある、奥まったスペースには、寸法がきちんと合うスチールラックを配置。オフシーズンのもの、おさがり服、旅行グッズなど、普段使わないものをしまいます。

ヒーター、スーツケースなど、置き場に困る大きめのものも収納できるので便利です。

冠婚葬祭グッズをひとまとめにしておく工夫も。いざという時に、探す手間がありません。

リビング学習もできるカウンター

キッチンと対面になっているカウンター部分は、子どものリビング学習にも使っていただけるよう、幅広に設計しています。料理などをしながら、子どもの勉強をサポートしてあげることができます。

カウンター左下の収納は、リビング学習で使用する勉強道具や、日用品などをしまっておく場所として便利です。勉強グッズは、ボックスに入れておけば、出し入れも簡単。

救急箱もすぐに取り出せる場所にあれば、いざという時も安心です。

壁面は、ブラックの色合いがインテリアのアクセントになっている有孔ボード。フックなどのツールを使って、好きなようにカスタマイズすることができます。

縦型掃除アイテムもしまえる!

日用品収納スペース



廊下の収納は、縦型掃除機など、縦長のアイテムもスッキリしまえるスペースをつくりました。

一見、広さは、さほどでもない収納ですが、アイロン・アイロン台・工具といった日用品から、調味料・コーヒー・お茶などのストック・来客セットなど、見た目以上の収納力を発揮します。

ママ目線の工夫がここにも!

家族がつながる室内窓

リビングと隣の子供部屋を仕切る壁には、室内窓を設置。空間を仕切りながらも、気配を感じることができます。

絵本ラックで本好きな子に

主寝室には、絵本ラックを設置。就寝前に親子で絵本を読みながら、楽しいコミュニケーションの時間を過ごすことができます。

 

 

 

<物件概要>

物件名/パークテラス横浜ベイ

所 在/神奈川県横浜市西区

所在階/7階

築 年/2006年

面 積/63.31㎡