子育て期も自分らしく。スタイルのある暮らし。


リノア柏 5階

ライフスタイルも、インテリアも、子育ても、自分らしくありたい。
そんな理想を叶える住まいをつくりました。

43628
IMG_8814
IMG_9999
IMG_9974
IMG_9985
IMG_8840

Previous
Next

カフェより、
家で飲むコーヒーがいちばん美味しい。

天井が高く開放感のある空間を活かし、カフェを思わせる雰囲気に仕上げました。

壁面には可動棚を設置。子どもの手の届かない高さに、お気に入りのインテリアアイテムや、子どもにイタズラされたくないものを置くことができます。

緑を楽しむインテリアも、
あきらめたくない!


 「子どもがイタズラするから」と、子どもが小さい時期は諦めがちなのが、観葉植物を使ったインテリアです。でも、子育て中だって、自分の好きなインテリアに囲まれていたいもの。

 そこで、カウンター上の、ライティングレールに、ハンギンググリーンを吊るすことができるフックを設置しました。”吊るすグリーン”なら、小さな子どもの手が届かないので、イタズラされる心配もなく、お気に入りの空間で過ごすことができます。

子どもには、
子どもだけの世界がある

アイディア満載の「子ども基地」

黒板にもなるマグネット壁

おもちゃ収納棚


描くのも貼るのもOKな壁で、創造性を育みます。ママも「壁に描いちゃダメ!」と怒る必要なし!

おもちゃをしまう場所は、正面から見えにくいようになっているので、多少ごちゃごちゃしてもOK。

大きくなったら就寝スペースに

引き出し収納付き

小さいうちは、子ども基地として利用し、大きくなったら就寝スペースとして使えるよう、寸法を計算しています。プライベートな個室が必要な時期になれば、引き戸を利用して個室として使うことも可能です。

小上がりのデッドスペースを活用し、深めの引き出し収納をつくりました。衣類やおもちゃの収納場所としてご利用いただけます。

部分的に洗えるカーペット

家事をしながら見守れる

汚れた部分だけをはがして、水洗いすることができるので、お手入れが簡単です。

リビングやキッチンから遊んでいる様子が見えるので安心。

キッチンの横には、ママデスクをつくりました。

家事の合間に、ホッと一息つきながらレシピを調べたり、お仕事ママのワークスペースとして使ったり、パソコンを広げてネットショッピングしたり・・・と、多様な使い方ができます。

デスクの上には、アイアンフレームで、インテリアにもマッチする可動棚を設置。

園や学校からの配布物、習い事の書類など、かさばる物を一箇所にまとめておくことができます。

comment

 開放感のある天井を見た瞬間、「これはカフェみたいな空間にできそう!」と思いました。私も子連れでカフェに行くことがありますが、やはり、家の方が何倍も落ち着きます。この家だったら、友達もたくさん呼びたくなりますね。
 あとは、家事動線にもこだわっています。WICを廊下側にも出れるようにして、洗面所やリビングへ行き来しやすくしました。

たちの かな
Home planner

<物件概要>

物件名 リノア柏

所在地 千葉県柏市旭町2-8-26

築年数 1988年

所在階 5階

面 積 74.49㎡